スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日の買取

 無事に、買取が終了。今日は、旅行に関する本が多かったですね。
旅行ガイドや地図は古いと役に立ちませんが、古すぎると逆に骨董
的な価値が出てきて、市場でも高値で取引されることがあります。

 今日仕入れた旅行本は、残念ながら中途半端な年代。今でも
役立つってほど新しくもなく、史料的価値が出るほど古くもなく……。
ま、あまり売れる見込みがないって判断になりましたので、申しわけ
ないのですが、あまりお値段は付けられませんでした。

 中途半端な年代ってことは、ウチの店で何十年も寝かせておけば、
やがては売り頃を迎え、高く売れるってことは考えられます。でも、
保管場所には限りがありますし、早く仕入費用を現金で回収しない
と経営が立ち行かなくなります。

 ってわけで、なかなか中途半端な年代のモノは、扱いが難しいの
です。このことは旅行本だけでなく、たいていの実用書や雑誌にも
あてはまること。時刻表などは鉄道ファンに結構人気がありますが、
それでも中途半端な年代のものは、さほど市場価値が高くなりません。
難しいものですね。

 とはいえ、せっかく仕入れた本ですし、頑張って何とか売っていきたい
って思っています。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。