スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「全」の有無で大違い

 何巻にもわたる小説やコミック類、全集モノなどは、全巻揃えて
出品すれば気持ちいいものです。

 

 この文字を書けるかどうかで、商品としての値打は全く違ってきます。

 ××全集 全○○巻揃

 こんな感じで商品説明を書きこむのは、誇らしいものです(^^)

 文学全集などは、1巻でも歯抜けのところがあるとみっともないですし、
百科事典などは不揃いですとバラ売りするってわけにもいきません。
やっぱり、全巻揃いをまとめて販売するってのが理想ですね。

 バラ売りの方が1冊あたりの売上単価は高くなるので儲かるって考え方
もありますが、欲しい部分だけ買われて、残りはいつまでたっても売れない
って危険もありますので、私は揃っているモノをわざわざバラ売りしようって
気にはなりません。

 ある程度まで揃えても、どうしても最後の1巻が入手できず、仕方なく
不揃い商品ってことで、業者市で安く売り出すこともあります。揃って
いれば、ネットでそこそこの値段で売れるものでも、不揃いだとなかなか
売りにくいので、いつまでも保管場所を塞いでおくよりかは、安くても
早く処分してしまった方がいいって経営判断です。

 要するに、「全」って文字を書けるかどうかは、大きな違い。不揃いの
ものに「全」なんて文字を書いてしまったらクレームのもとですし、全巻
揃っているかどうかって判断は慎重にしなくちゃいけません。

 最近の全集モノですと、刊行前から全何巻の予定なのかって告知が
出ますし、巻末や帯にも全何巻なのかってことが書かれています。
しかし、それでも思いのほか評判が良かったりすると、全20巻の予定
だったものが21巻以降も出版されたり、「第2期」って形で出ていたり
しますので、油断はなりません(^_^;)

 海外の全集モノを翻訳したものも、要注意。海外での巻数と、日本での
出版巻数が一致しないこともあるみたいで、そんな場合は、海外版と
国内版の巻数の違いも意識しなくちゃいけません。

 ごく稀に、全集モノの刊行途中に出版社がつぶれてしまうってことも
あるみたいで、そうするとそのシリーズの「全巻揃」って幻ってことに
なりかねません。まぁ、それでも特別なルートで未刊行の本が出回ったり
するので、何だかんだと力技で揃えたりすることもあるんですがねwww

 「全」・・・この文字を書くには、それなりの苦労があるってお話でした。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。