スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

溝口敦「溶けていく暴力団」

 お薦め本、紹介。

 溝口敦「溶けていく暴力団」(講談社+α新書)

 筆者は、暴力団問題などに詳しいジャーナリスト。この本でも裏社会の現状を
鋭く告発しています。暴力団新法の施行で既存の暴力団の勢力が削がれる一方、
半グレなどの集団が台頭したといいます。ただ、その半グレも暴力集団としては
活動しにくくなってきて、今後はもっと闇深く潜り込んで活動するって分析を
しています。

 暴力団にしろ、半グレにしろ、別世界の話なので、筆者の見解が正しいのか
どうか皆目見当が付きませんが、暴力団が活動領域を狭めていくってのは
間違いなさそうですね。暴力団との交際が報じられて引退した芸能人もいました
し、この問題に関して世間の風当たりは強いようです。

 でも、どうなんでしょう? 確かに、暴力行為はいけませんし、そのような
組織に入ることを褒めるなんてできませんが、あまりにも過剰な反応をする
のは、どうかと思います。

 元組員が就労できない、生活保護も受給できないとなったら、自分と同じ
ような立場の人間と組んで犯罪に手を染めがちになる。・・・

 犯罪に活路を見出せない者は刑務所をセーフティネットにすることを
考える。元組員はたいてい前科があるし、過去に執行猶予つきの判決を
もらっている可能性がある。そのため無銭飲食のような微罪でも、有罪を
宣せられ、二~三年服役する事態があり得る。そこを狙って微罪を犯し、
二~三年刑務所の中で緊急避難しようという考えが案外、現実性を持って
いるのだ。・・・

 服役者一人にかかる年間費用は80万円、職員の人件費や施設費を含める
と、250~300万円になるといわれている。生活保護の支給額は高齢者
単身でアパートや貸家暮らしの場合、月に約10万円、年間120万円程度
だから、元組員に生活保護を支給するより、服役させる方が高くつく。
(「溶けていく暴力団」より)


 ……どう、思います? 暴力団を抜け出そうと思っても、職に就けず、
生活保護も貰えず、しかも自分で商売をしても、警察の監視の目が光るって
のでしたら、どうしようもない。日本という社会は、異質な存在を許さない
空気を持っていますが、ヤクザにも三分の理。権力側の過剰反応は、度を
越していると思います。

 古本屋なんて、そんなに暴力団のお世話になるほど、ややこしい客が
来るわけでもないですし、それほど儲かる商売でもない。だからまぁ、
暴力団との接点なんて普通はないままでしょうけど、それでも、この本で
指摘されているように、一般企業の中に紛れ込んで活動するようになって
いたら、ひょんなことがキッカケでお客さんになるかも知れません。

 私はヤクザです。お宅の店の本でいいのがあるので売ってください。

 って律儀に警告して近づいてくるヤクザ者なんて、いようはずがないのです
から、店の立場としては、誰が堅気で誰が極道かなんて分かるはずがあり
ません。

 でも、一つ言えること。当店は、暴力団だからといって差別的扱いはいたし
ません。きちんとお代を支払っていただけるなら、本をお売りします。暴力
団だからといって、代金をまけることもしないかわりに、キチンと支払って
いるのに本を売らないなんてこともしません。法律や、警察がどうのこうの
言おうが、この点は変えるつもりはありません。

 お客さんを差別しない。

 そんなことは商売人の守るべき、最低限のルールだからです。代金の支払いを
しても利用を拒むゴルフ場や、口座の開設を拒否する銀行の方が、職業倫理に
もとるものだと思います。

 法の下の平等は対象が暴力団であるかぎり完全に無視されている。日本国民で
日本に居住していても、日本国憲法の対象外なのだ。暴力団は司法や行政ばかり
か、国会やマスメディアからも差別されている。
(同書あとがきより)


 異質なものを差別する気持ち。これは、人間の本能なので仕方ありません。
でも、完全に社会から居場所をなくしてしまえば、いったいどこへ行けと
いうのでしょう?

 私には暴力団の知人も友人もいません。積極的に付き合おうとも思いません。
しかし、たまたまどこかで知り合った人、仲良くなった人が暴力団員だったって
いう場合。それだけでは、あえて付き合いをやめようとも思いません。

 そういう交際を全て「黒い交際」と断ずるマスコミ報道もやはり偏向的ですし、
だいたい人間関係なんて付き合ってみないと、いい人か悪い人か分からない
ってのが、フツーじゃないですか? 世間の尺度で人間関係を決められるっ
てのは、どうも好きになれません。

 自分は堅気だ。反社会的勢力に与する気はない! って人も、この本はぜひ
ご一読をお勧めします。まぁ、取り締まる側も、取り締まられる側も、無茶苦茶
な話だなって思いました。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。