スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プチ嵐がやって来た!

 以前、書いた記事。

 嵐がやって来た! 前編  http://robinbook.blog.fc2.com/blog-entry-489.html
 嵐がやって来た! 後編  http://robinbook.blog.fc2.com/blog-entry-490.html

 この市会の翌日、またも別の市で、ちょっとしたお宝本が出て話題になり
ました。そのお宝本、今回は何と私の出品でした。

 1週間ほど前のこと。その日も、市会へ出品する予定で車に色々と本を
積み込んでいました。で、例のごとく(?)キビシー品が多かったので、
売れ残ることが予想されました。で、こういうときは抱き合わせwww 色んな
本をオマケして、何とかさばこうとしたのです。

 そんなオマケとして用意した品に、その本は紛れ込んでいました。もう何年も
前に仕入れた本。売れるかな? どうかな? って悩んでいるうちに随分な
期間が経ってしまって、え~い面倒くさい。いっそのこと、市で処分してしまえ!
って気持ちで付け足したのです。

 会場に持ち込んでしばらくすると、あるベテランの方が、目の色を変えて私の
本を点検し始めます。

 え? 何? どうしたの?

 私はチンプンカンプン。間もなく、他の方もその品に目をつけ、真剣な表情で
チェックしています。で、色々と話し合っています。で、ここに来てようやく私も
事態が呑み込めました。どうやら、その本。けっこうなお宝本らしいのです。

 あるベテランの方は、こう言います。

 何で、コレ。目録に載せないの?

 最近、年末の即売会に参加するって決意して、どうせなら目録に載せられる
ような本も出したいな~って思って、必死に探していたんですが・・・ガーン。
まさか、こんな身近にそんな本があったなんて (>_<)

 でも、もう業者市に持ち込んだんですから、仕方ありません。そんな貴重な品
でしたら、自前で売りたかったですが、今更、やっぱり持って帰りますなんて
言えるはずもなく、そのまま出品。

 結果、けっこういい値段で落札されました。前日のお宝コミックほどの金額には
なりませんが、それでも1冊の本としては、かなりの高額。目録に載せ損ねたのは
残念ですが、十分な収入も得られましたし、何より勉強になったということで、
満足いく結果でした (^_^)v

 予想外の臨時収入は嬉しかったですが、しかし、反省もしなくちゃいけません。
本の目利きを完全に誤っていたわけですから。

 一応、自己弁護しますと、この本。私が、この仕事を始めて間もない頃、ひょんな
ことから手に入れた品。その時は、さっぱり何の本やら分からなかったのですが、
そこそこいい品かな? って目星はついていました。ただ、売り出すにあたっては、
自分なりにしっかり勉強してからでないと売れないな~って思っているうちに、長い
時間が経過して、すっかりどんな本だったかということも忘れたままになって、
そのまま市に持ち込んだってわけ。

 新しすぎたってのも、盲点になっていたかもしれません。ここのところ、目録に
載せる本として、古書店らしい風格を出すため、戦前・戦時中の本を中心に
探し回っていましたから。・・・あまり、言い訳になりませんね (^_^;)

 でもさすがに、まったくのゴミだなんて思ってはおらず、今回の市で売れなくても、
自分で即売会で売ってもいいな~とは思っていました。けど、その時に付けようと
思っていた金額は、今回の市で付いた金額とは比べようもないほど、低いもの。
それを買ったお客さんは喜ぶかもしれませんが、即売会でそんな値付けをして
しまったら、

 この店、アホちゃうか。

 って、世間に恥を広めるようなもの。その本の値打ちの分かるお店に引き取って
もらって、本にとっても、お店にとっても良かったことと思います。不思議なもので、
本は店を選びます。いい本は、いい店に集まる……。私が、この本を何も知らず
手放してしまったということは、まだまだ、私は勉強不足ということ。

 悔しい気持ちはありますが、日々、精進してゆくしかありません。これからも、
この業界で生きていくならば、いつの日かまたこの本に巡り合える日が来るかな?
なんて楽しく想像しています。その時はウチの店も、この本にふさわしい風格を
備えていたいって思います。

 (お断り)
  ……どんな本だったかってのは、ブログ読者の皆様も気になるところでしょうが、
ごめんなさい。やはり、こういった情報をオープンにすると、落札いただいたお店
にも、ご商売に影響が出る場合もありますので、自主規制させていただきます。
どんな本だったか、どこが買ったか、いくらで買ったか……狭い業界ですので、
同業者間では自然と情報が流れるでしょうが、でもそれをネットに流すってのは、
まずいと思いますので、あしからずご了承くださいm(__)m
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。