スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1万冊集めるよりも・・・

 在庫1万冊について。

 この数字を、開業時の目標にしなさいってのは、あながち間違った数字じゃ
ないと思うんです。絶対的な数字でもありませんが。じゃあ、これってそんなに
難しい数字なのでしょうか? 答えは……

 NO! です。

 本気で古本屋をやろうって思っている人は、たいていの場合、本好き。って
ことは、既に多くの本を持っているはずで、その中から売り出してもいい本を
抜き出せば、数千冊はあるはずなんです。これを当面の在庫とします。

 ネットショップなら、この当面の在庫だけでしばらくは対応できます。その後、
古書組合に入って、人気薄の商品を買い漁れば、1万冊が2万冊でも10万冊
でも対応はできます。人気薄と言ったって、完全に売れないわけじゃないです
から、開業当初の新入り時代はそういった商品も好き嫌い言わず手に入れて、
売出すって心掛けが大事かもしれません。

 しかし、そうはいってもやはり開業当初の段階で、1万冊は揃えたいって
ことでしたら、古書組合は利用できません。開業していないと入会できない
わけですから。

 そんな場合は、大手新古書店です。108円コーナーで大人買いすれば、1万冊は
あっという間に揃います。仮に、自己の蔵書が0冊でも、せいぜい108万円で
1万冊が集められるわけで、この数字は、古本屋を開業する際の商品仕入代金の
目安になります。要するに、最大でも100万円ほど見積もっていたら、何とか
なるわけ。

 もちろん、これは棚をガラ空きにしないために「数」を追求しただけのこと。
「質」は度外視しています。ブックオフで100万円で仕入れて、1000万円で
セドリできればボロい商売ですが、なかなかそう上手くはいかないでしょう。
集客力ある大手の店で100円で売っているのですから、たいていの場合、高値で
販売することはできません。元値で売れたら御の字ってところでしょうね。

 結局、古本屋にとって、在庫数を誇るのは、金さえかければ簡単にできる
こと。でも、在庫の質を上げるってのは、相当難しいことです。他のお店では
売っていない稀覯本。1冊でも、そんな品を置いておけば店の格が上がる気が
しますし、ましてそんなものを多く集めていれば、この上ない武器になります。
それを実現するには、お金だけじゃどうしようもない場合もあるわけで、並大抵
の苦労じゃないわけです。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。