スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

近畿ブロック大市会

 今朝は、午前に大阪府豊能郡で買取1件。その後、急ぎ高速に乗って
神戸市中央区へ。

 今日は、古書組合の近畿ブロックの大市会なんです。買取が長引け
ば、そっちへ行くのは諦めようと思っていたんですが、比較的スムーズに
買取ができましたので、急遽、市会も覗いてみることにしたわけです。

 「大」市会っていうだけあって、今日は気合の入った出品物ばかり。
最低入札額もいつもより高めに設定されています。あまりにも高額な
相場が予想されるので、今日はたぶん見学だけ。落札はできないだろう
って気はしていました。それでも後学のため、どんな本がどれくらいの
相場で取引されるのか見ておこうと思ったわけです。

 でも・・・会場に行くまでにも少しトラブルが (^_^;) 会場は、兵庫県の
古書組合。ナビを頼りに会場へ向かったのですが・・・

 目的地付近に到着しました。案内を終了します。

 ってナビは言っていますが、

 おいおい! ぜんぜん、それらしい場所はないぞ!

 付近を何周かしたところで、車での移動を断念。おそらくこの付近である
ことは間違いなさそうなので、コインパークに駐車して徒歩にて移動する
ことに。う~ん、それでも分からない……。

 すると、どこからともなく老夫婦が現れて、

 「古本売ってるけど、束売りばかりでバラ売りはしてないみたい!」

 な~んて会話が聞こえてきます。どうやら通りすがりの一般の方が、古書市
と間違って、会場に迷い込んでしまったようです。で、その会話主である
老夫婦の来た方向の路地へ向かうことに (^^) 

 すると、大阪の古書会館でよく見かける方々にお会いでき、どうにか会場に
辿りつけました (*^^)v いやぁ~、それにしても複雑な場所でした。細い
路地を通るので、車じゃ入れませんね。市会の際の搬入は、皆さん、どう
されているのでしょうか? 他県のことながら、ちょっぴり気になりました。

 会場に到着すると、まず大阪組合の者であることを名乗って入館証を受け取り
ます。で、それで終わりかと思いきや、

 落ちた(=落札できた)時のために名前を書いてください。

 って言われて、宅配便の発送原票を渡されます。他県の人間の場合には、
その場で持ちかえるのじゃなく、郵送にて送るってことなんでしょう。いやぁ~、
落ちた時に書きゃいいんじゃないの? 事前に渡されると、何だかプレッシャー。
しっかり、買っていけよ! って言われているみたいでwww

 ホントは見学だけで、入札する気はなかったのですが・・・おっ! いい品
見~つけっ! うん、これはいい! 随分、大口の出品。1冊1冊の単価は
さほど高くないですが、それぞれの本の状態も良く、即売会で売り出すと
しっかり売れていきそうなラインナップ。

 予定変更。やっぱり神戸まで来て、手ぶらで帰るのはもったいない・・・って
ことで、入札。自分では、それなりに頑張った金額を書いたつもりでしたが・・・
結果は、ぜんぜん勝負にならず (>_<) 人気商品になることが予想できた
ので、落とせなくても気落ちはしませんでしたが、次点にも食い込めなかった
のは、ちょっと反省かな?

 いやぁ~それにしても、あの落札金額は高すぎる気がします。ほとんど
店での売値に近いラインで、落としているんじゃないかって気がしました。
あんなので儲かるのかな?

 そういえば大市会とか、特別市ってなると全国から多くの古書店が集う
ので、お互いのメンツを賭けた入札になることもあるとか。儲けは度外視。
意地で競り落とす・・・って感じ。そんなところへ、通常の仕入れ感覚で
入札に参加しても、勝負になるはずがありませんでした。

 出品者はウハウハでしょうが、落札側はよほど欲しい品とか、店の看板に
なるような品とかでないと、よくある品を競り落としても、高値になるだけ。
あとあと苦労する気がします。まぁ人の商売のことなんで、私がとやかく
言うことはないのですが。。。何だか、あんまり落札額のことを愚痴っても、
負け犬の遠吠えみたいなんで、やめとこうっと (笑)

 ま、落とせなかったのは残念ですが、兵庫の組合が覗けたことと、珍しい
本も見ることが出来たので、そのへんは勉強になりました。でも、次回は
しっかり落札したいなぁ~なんて思っています。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。