スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本を持たぬ王様になるよりは・・・

 数か月前に買取した本。

 青木常雄 本多俊男 共著「新制 英作文精義」改訂版(培風館)

 もう何十年も前の英語の参考書。英作文の解説や問題演習で構成された本で、
高校生向けのもの。今の参考書に比べれば、色合いが地味で、しかも文字が
細かい! ・・・心なしか、レベルも随分、高目な気がします (^_^;) いつも思うんです
が、昔の学生はきちんと勉強していたんだな~って感じさせられますね。

 さて、この本の傷みなどをチェックしていた時に、ふと目に入った設問。

 本を持たぬ王様になるよりは本のたくさんある貧乏人になりたい。

 何、この問題? いかにも構文練習のために用意したような文章w それとも
誰かの名言で、こんなのあるんですかね?

 それはともかく貧乏人なら本をたくさん買えないんじゃ? ・・・って疑問をお持ちの
方も多いはず。でも、不思議なもので、経済力と蔵書数は比例しません。

 そりゃ、欲しい本があった時、金持ちの方が即断即決で購入しやすいってことは
あります。でも、車や宝石ほど高価なものじゃないですから、それほど経済力の
ない人だって、本を買い求めることぐらいできます。毎月、そこそこの量を買って
きて、でも捨てずにいたら・・・なるほど、長い年月の間に膨大な蔵書数になる
ってことも頷けます。

 毎日の煙草を我慢したら・・・お酒を我慢したら・・・そうやって浮かしたお金で
さらに本を買えば、本の蓄積は加速度的に進行します。以前、買取に伺った
お客さんは、若い頃本をたくさん買い漁って、職場に来ていく背広も買えなかった
って笑いながらおっしゃっていました。結局、本の好きな人間は、どれほど生活が
追い詰められても、自分で買える範囲の本は買うものなんですwww

 私は古本屋。まぁ世間一般の基準から見れば、たくさんの本を持っている方だと
思います。でも、商売はサッパリ(>_<) フツーに古本屋って商売をしていたら、
豪邸を建てるなんてことはできません。細々と生き残るのが精一杯。本が好きなんで
楽しくやっていられますが、なかなか儲かる商売じゃないんです。

 結論。

 私は、本のたくさんある王様になりたいです!!(笑)


 ・・・この英作文のテキストの著者は、私同様、本のたくさんある貧乏人だったん
だろうな~。そんなことを想像しちゃいました。堅苦しい参考書もそんなことを
考えながら読むと、少しは楽しめますよ。

 ちなみに、先ほどの文章の訳例。

 I would rather be a poor man with a lot of books than a king without any.

 
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。