スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

報われない努力はあるのか?

 先日、知人と「努力」というものについて議論する機会がありました。テーマは
ズバリ、・・・

 努力は報われるのか?

 人間、努力することが大事。ほとんどの方は、この点について異論はないと
思います。しかし、精一杯の努力をしたとして、でもその先。いい結果に結び
つくかどうかってのは、意見の分かれるところ。

 簡単な例で考えてみます。皆が皆、名門大学に合格したいと思い、必死の
思いで受験勉強したとします。寝る間も惜しんで、起きている間はずっと机に
かじりついて勉強したとしても・・・それでも、大学には定員があるのですから、
志望者全員が合格ってわけにはいきません。

 この簡単な例を考えても分かる通り、努力は報われるってのは大嘘です。
しかし、現実はどうでしょう? 皆が皆、必死に勉強するなんてことはあり
えません。成績の伸びない者、他に楽しいことを見つけた者・・・長い受験
生活の間には、色んなことがキッカケで、最後まで自分の目標のために
努力するってのを怠る者も多いはず。

 ってことは・・・「アリとキリギリス」の話。怠ける奴が必ず出てくるんだから、
どんなに辛くても最後まで頑張れば、努力は必ず報われる、ってのも
ある程度真理ではないかって気もします。

 元プロ野球選手の王貞治さんは、

 努力が報われないことがあるだろうか? 報われない努力があると
すれば、それはまだ努力とは呼べない

 と語ったそうです。言うまでもなく王さんは、現役時代、本塁打の世界記録を
打ち立てた名選手。そんな人ですら、努力が大事っていうんですから、努力は
報われるってことを信じて、ひたすら努力を重ねるのがいい気がします。

 一方、数学者の秋山仁さんは、努力が報われるって考え方に否定的な見解を、
自身のエッセイで記されています。秋山さんは、大学受験に失敗するなど、
いくつもの挫折経験をお持ちですから、やはり努力ってものに懐疑的になって
おられるようです。

 でも、このお二人の見解を比較して、アレコレ論じるのは妥当ではありません。
そもそも両者は、「何のために」努力するかって目的が全く違うわけですから。

 王選手のようにホームランを打つこと。もちろん、これも難しいことですが、
ある程度は努力で打てるようになるのかもしれません。世界記録の称号は、
たったの一人にしか与えられませんが、王選手以外にもホームランを打った
選手はゴマンといますし、本塁打王のタイトルを取った人間だって、かなりの
数に上ります。

 もちろん、プロの世界で活躍するには、恵まれた体格ですとか、それなりの
才能が必要でしょう。でも・・・同じような体格、才能の人間が集まるプロの世界で
決め手となるのは、やはり努力が一番って気がします。

 対して、秋山さんの生きる数学の世界は違います。新しい定理を発見する・・・
これは、全人類の誰も到達したことのない未知の領域。いくら必死に勉強した
からっていって、答えが見つかるとも限りませんし、場合によっては答えがあるか
どうかも分からないってこともあります。

 数学界には、何百年もの間未解決だった問題が山ほどありますし、今も未解決の
難問もゴロゴロしています。こういうのに挑み、一定の成果を出すには・・・う~ん、
努力だけじゃなく、やっぱり「才能」とか「運」ってのも必要になってくる気がします。

 結局、努力が報われるかどうかってのは、自分の生きる世界が努力の報われる
世界なのかどうなのか、ってことが大きい気がします。

 さて、古本屋。どうなんでしょう? 努力が報われる仕事なんでしょうか? これも、
どういう本を扱う店かで変わってくる気がします。流行の本を扱う店ならば、潜在的な
お客さんの数も多いですから、これは努力である程度、対応可能。でも、今は注目
されていない作家を発掘して、世間に広めたい・・・って、そんなコンセプトで営む
店だったら、成功するかどうかは未知数。どんなに努力しても、結果が出ないって
こともあるんじゃないかって思います。

 だったら、流行の本ばかり扱うようにすればいいかっていうと、そんな安易に
方針転換をするようじゃ、そもそもそんな人は「努力」のできない人。やっぱり、
成功は望めません。自分の信じた道を、ただひたすら成功を願って歩み続ける
しかないでしょうね。

 ただ一つ、私自身の経験から言えること。

 努力して、いい本が手に入らないってことがあるだろうか? もし努力しても、
いい本が入荷できないとすれば、それはまだ努力とは呼べない。


 頭を使う。身体を使う。金を使う……自分が人より優れているモノを探し出して、
それを最大限活用すれば、必ずいい本は手に入ります。なかなかいい本が
入ってこないって嘆いている古本屋さんは、キビシーですがそれは努力が足り
ません。

 ただ・・・仕入は、努力でカバーできるとしても、販売も努力が通用するのかどうか。
私自身、努力してもけっこう失敗したことも多いですが、販売が順調なお店の方に
言わせれば、それは私の販売努力が足りないだけで、さほど努力していないって
ことになるのでしょうね (^_^;)

 努力が報われるか、どうか。・・・それは分かりませんが、もはやバブルの再来は
望めませんし、努力しないことにはどうしようもないってことだけは確かなよう
なので、私は自分でできる最大限の努力はしようって思っています。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。