スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

目録ついて

 本日、何とか目録原稿を提出。本当は、明後日3日が締め切り
なんですが、明日、明後日と買取が入っているんで、古書会館に
行けるか分かりませんでしたし、今日のうちに出しておきました。

 いやぁ~、でも失敗、失敗。提出期限のことをコロッと忘れていた
ので、目録用の本を用意できなかった。数も少なめ。予定では、
10点ほどの本を目録に掲載するつもりだったのですが、とても
とてもそんな数は用意できませんでした。5点だけ。

 さらに言えば、今年はこういう本に力を入れています! って感じで、
単に珍しい本ってだけでなく、店のカラーを出せるような本を揃えた
かったのですが・・・。

 自分で言うのもなんですが・・・何がしたいんだ!? ってラインナップ
(苦笑) 何とな~く掲載しましたってだけの選出で、全然、店の方針が
見えません (>_<)

 まぁ今年は初めてなんで、仕方ないか。。。失敗してでも、やらない
よりはマシ。ってわけで、恥ずかしながらも原稿を提出したわけです。
特に、今年は大阪古書組合90年の節目の年。そんな年の目録に、
ロビンの名が載らないなんてなったら、後々ずっと後悔するだろうな~
って思ってましたので、不満が残るものではあっても、参加することに
意義があるって考えました。

 どんな本を掲載したか・・・それは、目録が出来上がってからのお楽しみ
ってことで・・・ (^^) 多くのお店が、色々な本を売出しますので、是非、期待
して待っていてください。

 せっかく立派な冊子に載せる原稿ですからね~・・・どうせなら、他では
手に入らない、ウチだけでしか売っていませんよ! 的な本を売出し
たかったんですが、そこまで珍しいのは用意できませんでした (>_<)

 取引相場としては、やや高額に入る本を出しましたが、まぁ~珍品って
わけでもなく、探せばどこかの古本屋で見つかるような品ばかり。なかなか
マニア絶賛の珍品ってのは、難しいものです (^_^;)

 概ね、世間の相場に近い価格で売り出しているとは思いますが、1点
だけやや高額な値付けをしたものがあります。ネットで探してみたん
ですが、なかなかこの本を扱っているお店は見つかりません。でも、
それはこの本が珍品だからというよりも、世間の古本屋さんが、この
本を扱いたがらないからってことだと思います。

 でも私は、こういう本が好きでしたので、ちょっと強気の値付けをした
わけです。

 え~、こんなに高いの!

 そう思われる方もいるかもしれません。でも、これは、世間の古本屋が
見向きもしない本に価値を見出したいっていう当店なりのメッセージ。
この部分で、かろうじて自分らしさを演出できたかなって思っています。

 出した品はそこそこ高額商品ですし、出品数が少ないので、目録商品が
売れるってことはないかな~って思っています。本気で目録販売を頑張ろう
ってお店は、気合を入れて何十点も本を出品したり、カラー頁を買い取ったり
しますからね~。わずか、5点ばかりの出品じゃ、ほとんど目立たずに終わると
思うんです。

 でも、それはそれでOK。目録に当店の名前が載ることで、ひょっとしたら
将来的に蔵書を処分するって際に、当店を頼っていただける方がいるかも
しれないって考えて、それで元がとれるかな~ナンテ。いわば売るための
宣伝というより、買取宣伝のために目録を活用したいってわけ。

 まぁそれにしても、目録には多くのお店の名前が並ぶわけですし、その中から
ウチを選んで売っていただけるとしたら、よっぽどウチの店の傾向にあった蔵書を
持っておられるか、ご近所さんくらいだと思うので、さほど宣伝効果はないかも
知れませんが……。

 昨年の合同目録を見て思ったのですが、目録掲載に対するお店のスタンス
ってさまざま。目録掲載には、1点当たりいくらって感じで費用がかかるので、
なるべく高い金額のものを載せないともったいないって気がするのですが、
お店によっては2,000~3,000円ほどのリーズナブルな価格帯の本を多数出品
されているところもあります。

 そこそこの値段のする本はそんなに売れません。しかし、2,000~3,000円の
ラインでしたら、ポツリポツリと売れていくものがあるはずです。つまり、こういう
お店は目録掲載料をたくさん支払ってでも、売れやすそうな本をたくさん売るって
スタンス。ま、目録の本来の役割は、一種の通信販売ですから、こういう考え方が
正しいんですけどね。

 一方、私の場合は、目録ってのは「お店の顔」。こんな商品を扱っていますよ!
ってアピールする場ですから、気合を入れて高額商品を並べて店の風格を
演出したいって思います。だから、目録で売れようが、売れまいが、そんなことは
どうでもいいわけ。たとえ100点ほどの大量掲載をして、全品売れ残っても、
ウチはノープロブレムです。それなりの宣伝効果はあったはずだって、信じて
いますから。

 ま、どういう意図で目録に掲載するかは、各店それなりの考えがあってのこと。
どれが正しいってものでもありません。ただ・・・今回の私の目録掲載は、事前
準備の不足もあり、自分自身としては不満の残るところ。今回の反省を生かし、
来年の目録はキチットしたいと思います。・・・ってもう来年の話www 気が早すぎ
ますね。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。