スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

目録原稿を作成して思ったこと

 年末の大阪古書組合ブックフェアで発行する目録原稿を書いて
思ったこと。自前のサイトで商品説明するのと違って、字数制限が
あるから難しいですね。

 今は小休止中ですが、以前本を販売していた自前サイトでは、
ジャンルごとに商品一覧ページを設け、気になる商品があったら
詳細ページへのリンクボタンをクリックすることで、詳しい情報を
見られるようにしていました。

 著作者、出版社、発行年、状態・・・まぁここらへんは一般の目録
販売でも見る情報ですが、私のサイトではさらにページ数から判型、
発行当時の定価、どんな本かって概略的説明や目次なんてものも
紹介していました(本によっては、簡略的な説明しか載せていない
ものもありましたが・・・)。

 目録販売にせよ、ネット販売にせよ、商品を手に取って確認できない
お客様のため、なるべく詳細な情報を提供した方が、購入後のトラブル
は減らせるでしょうね。そう思って、自前サイトでは極力丁寧な説明を
心掛けていましたし、大手サイトで売り出す場合でも、商品説明には
細心の注意を払っていました。

 しかし!

 目録に載せられる情報なんて、微々たるもの。紙数の制限もあるので、
ホント一般的な説明しかできていないことも多いものです。どんな内容の
本なのかって説明や、セールスポイントのある本はそういったことも
書きたいのですが、字数が足りません。1ページまるまる買取れば、
かなり詳しい説明文を書くこともできますし、写真も掲載できますが、
予算の都合でそれはムリ(>_<)

 ……というわけで不完全ながらも、最低限の情報を記すにとどめ
ました。

 が、何も書いていないからといって、新品同様の美品だとは思わないで
ください。蔵書印や書き込みなどの「難」についてはなるべく記すように
していますが、ヤケや軽度の汚れなどについてはイチイチ記していません。

 今回の出品の中には、戦時中のものもあるわけで、そういった本ならば
何も書いていなくても当然・・・

 ヤケはあるし、多少の汚れはある

 ものと思ってください m(__)m 本当は詳細な説明で注意喚起を促したいの
ですが、制限字数内に収めるためのやむを得ない措置ということでご理解くだ
さいませ。また、当時との物価水準の違い、プレミアの付加といった事情に
より新刊本として販売当時の定価を大幅に上回る金額での販売になっている
本もございます。ご了承くださいませ。

 購入するお客様の立場からすれば、情報は多い方がいいでしょうが、目録
販売を利用される場合には、目録に載せられていない隠れた情報も読み解く
・・・そんな楽しみ方をしていただけたら幸いかと思います。

 実際に書いてみて気付いたのですが、ホント字数が少ないですから、各店、
アレコレ工夫して必要な情報を伝えようとしていますね。店によって目録の
情報も異なっているわけで、そういった違いに目を向けると、店の営業方針
みたいなものも見えてくるから面白いものですよ。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。