スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大型店のビジネスモデルと個人店

 本日、午前に買取1件。文庫本などが主でした。ただ残念なのは、
状態の悪いものが多かったこと。表紙カバーのない裸本や、ヤケの
目立つものが多かったですね。

 随分昔は、裸本でも平気で置いている古本屋が多かったものです。
ヤケだって同じ。多少状態が悪くても、古本なんだから当たり前。
その分お値段を下げて売っています! ってスタンスの店が多かった
ものです。

 でも最近は、大手新古書店が幅を利かせるようになってきましたから、
古本であっても、汚れていない綺麗なものを扱うってのが常識になって
きました。しかもそんな綺麗で新しい本が、安い値段で販売されている
ものですから、安かろう悪かろうって商売も許されなくなってきている
わけです。

 大型店がそういう綺麗な商品ばかり扱うのですから、個人店も綺麗な
品しか扱いづらくなってきています。あまつさえ、大型店に負けじと
販売間もない新しい本をせっせと仕入れようとする店も多くなって
います。

 綺麗で新しい本がほしいならば・・・そりゃ新刊書店をやりゃいいわけ
で、何も古本屋でなくてもいいと思うのですが、ネ。大型店を目の上の
タンコブのように思いながら、そのビジネススタイルを真似ようとする
店が多いんですから、ポリシーがないったらありゃしない。

 個人店は個人店らしく、大型店で扱えないニッチな商品に力を入れた
方がいいでしょう。古くて汚い本・・・でも、珍しくてプレミアがつく本。
そういう本を多く扱える古本屋になりたいって思っています。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。