スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全古書連ニュースを見て

 本日、「全古書連ニュース」なる小冊子が届きました。全国古書籍商
組合連合会発行の機関紙。全国の古書組合のニュースや、特別市の
広告、市での取引相場情報などが掲載されています。

 今号では、大阪組合のイベントも紹介されています。このブログでも
ご紹介した「新古本大学講座 実践編 古本屋になりまへんか?」。
このイベントの様子が報告されています。

 記事によれば、今年は100名の参加者が集まったとのこと。なかなか
いい集客数じゃないでしょうか? 即売会とかじゃなく古本屋になるための
講座に、それだけのお客さんが集まるってことは、世間的にはけっこう
古本屋に注目が集まっているってことでしょうかね? だったら嬉しいん
ですが・・・ (^^)

 「全古書連ニュース」では、新規加入者と脱退者の紹介もされている
のですが、今月は加入者の方が随分多かったみたいです。古書業界に
生きようとする人がそれだけ多いってのは、喜ばしいこと。私は、この
ブログでけっこう古書業界の暗い未来を予想していますが、意外と(?)
明るい未来を感じて、この世界に飛び込む人は多いみたいです。でも、
現実はどうだか知りませんけどね・・・って、希望に胸ふくらませて
入ってくる新人さんを脅すようなことは、言わないでおきましょうwww

 ま、何はともあれ。新規加入の皆さま、まずはご加入おめでとうござい
ます。他府県の方もいらっしゃるみたいですが、特別市などの際には、
全国の市でロビンともお会いすることがあるかもしれませんね。末永く、
よろしくお願い致します m(__)m
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。