スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

市会に現れる悪魔(?)の話

 ある市会での一コマ。振り市が開催されていて、出品物が皆の
前に置かれます。それを見てAさんいわく

 これはダメだな~

 って、ポツリ。人の出品物にそんなケチをつけなくてもいいと思うの
ですが、けっこうそんな方います (^_^;) で、そうやって皆の中での
評判が芳しくないと、開始額も低めから告げられますし、値段もそんなに
高くなりません。

 振り手の方が、

 「××円から!」

 ってリーズナブルな額を告げると、先ほど出品物の悪口を言っていたAさん、
間髪いれず

 「はい!」

 って発声して競り落としました(笑) 出品物をけなしたのは、ライバルを
蹴落とす作戦。ま~ずるいこと、ずるいことwww 悪魔じみた戦略に
思えてきます。

 でも、こんな駆け引きも業者市での楽しみの一つ。あまりにも頻繁にそんな
小賢しいことをやっていると皆に嫌われますが、時にはこういうやり取りも
いいものです。淡々と市が進行するよりも、こんな出来事があった方が
盛り上がるってものですから、会場の皆さんも笑って許してました。

 ちょっぴり反則に近い技ですが、でも古本屋のしでかす悪さなんて、この
程度のモノ。年金暮らしのお年寄りから全財産巻き上げる詐欺を働くとか、
そんな本当の悪魔じみたことはできませんから、可愛いものです。悪魔は
悪魔でも、せいぜいプチ悪魔。

 業者市の目的は、商品の仕入れ、販売ですが、そんなプチ悪魔のちょっと
したイタズラを楽しむ心のゆとりができれば、売り買いの結果にかかわらず、
業者市はもっと面白くなります。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。