スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブックカバーについて

 書店で本を買うと、サービスでブックカバーを付けてもらえる
ことがあります。大手書店で多いサービスですが、古書店の中にも
そういったサービスを実施しているところはあります。

 書店で貰えるのは紙製の簡易なものですが、それでも本の汚れを防ぐ
ブックカバーを無料でサービスしてくれるんですから、消費者の立場と
しては嬉しい気配り。

 でも、読むのに邪魔になるので不要だって人もいます。ですから、店
ではたいていの場合、店員が

 「ブックカバーはどうしますか?」

 って尋ねるようになっています。

 確かに、読むのには邪魔に感じることがあります。勉強のために使う
参考書類は、何度もページを繰ることが多いのですから、カバーなんて
邪魔なだけ。学習効率が落ちますから、ブックカバーなど付けない方が
いいでしょう。それどころか、もともと付いている表紙カバーすら外して
利用した方が使いやすいって人もいるぐらいです。

 私の場合。文芸書を購入した場合には、ブックカバーを貰うことが多い
です。綺麗に読みたいってことと、電車の中などで読んでいるときに、
他の人にどんな本を読んでいるのか分かりにくくするため。

 まぁ別に、公共の場でポルノを広げて見ているわけじゃないですから、
何も隠す必要もないのですが、どんなジャンルの本を読んでいるのか、
赤の他人に知られたくないって気持ちが、何となくあります。何だろ?
この気持ち。一種の羞恥心なんですかね?

 そういうわけで、ブックカバーはなかなか重宝します。貰っても貰わなく
ても、同じ料金。だったら、貰わなきゃ損って気がしますが、そこは好みの
問題。読みにくいって人は、無理に利用する必要はありません。

 ただ、本をなるべく綺麗な状態で保管したい場合には、ブックカバーは
いいですよ。ヤケや汚れをある程度防げますから。皆さんは、ブックカバー
利用しますか?
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。