スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

業者市と新古書店の使い分け

 業者市で売るよりも、新古書店に持ち込む方が楽に本を処分できるのですが、
それはそれでデメリットがあります。

 あまりにも買取額が、安すぎること

 立地のいい場所でテナント料が高額なのと、大勢のスタッフで人件費も結構
かかっていそう。深夜まで営業しているので光熱費はかさみますし、おまけに
高額商品の買取を知らせる広告ビラなど宣伝広告費も随分かけています。

 というわけで、個人店に比べて買取額は実は渋くなりがちです。各種費用が
かさむので、買取に回せる予算が少ないんです(ただし、最新刊や人気作品など
は買取強化していることもあります)。

 もう一つ、デメリット。

 本の中身を見ず査定するので、ヤケなどがあると買取不可になる。

 これは個人店では、あまり見られない独自の基準。個人店の場合、その店の
傾向にあってさえいれば、多少のヤケや汚れがあっても値段はつけてもらえる
はず。減額されることはあるかも知れませんが、買取不可ってことにはならないと
思うのです。

 でも、新古書店では買取不可とします。たとえ、その本がプレミア付で何万円
もするような本でも、1円も出してくれません。バイトでも査定できるように、
画一的なマニュアルを作成した結果、昔ながらの古書店が本来大事に扱ってきた
ような年代物の本には見向きもしないって作戦を取るようになったのです。

 ってことは、新古書店に戦前の本や一部の関係者にだけ配られたような非売品
の本を持っていっても、猫に小判、豚に真珠、馬の耳に念仏ってなことになって
適正価格での買取なんて期待できません。こういった本は、処分する場合、
絶対に個人店に持ち込まなきゃ駄目です!

 というわけで、私も新古書店で買取不可になるけど、市では買い手がつき
そうだなって思うものは、なるべく市へ持ち込むことにしています。要は、
新古書店と市の使い分けってことですね。

 色々工夫しないと、全く同じ本を、同じだけ売っていても、その売り方で
利益は大きく変わるので、面倒ですがこういった使い分けの意識は大事なこと
だなって思います。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。