スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不在者投票に行ってきました

 衆議院が解散され、各党は選挙戦真っ最中。まったく、もうこの年末の
クソ忙しい時期に、何でわざわざ選挙なんかするんや! って気分にも
なりますが、まぁ決まってしまったものは仕方ない。少しでもいい社会に
してもらえるよう、自分なりに考え信頼できる候補者に投票しましょう。

 誰に入れても同じ。

 ・・・う~ん、確かにそんな気もしないではないですが、でもそういう政治
への批判は、きちんと投票行為をしてる人間が初めて口にできること。

 権利の上に眠る者は保護せず

 これが我が国の法の精神なので、自らの選挙権を行使しない者は、
どんな政治が行われても、文句を言う資格すらないってことになります。

 というわけで、私は自らの権利を行使すべく衆議院選挙の不在者投票に
行ってきました。投票期日は、ブックフェアの直前期。色々と準備で忙しい
だろうなって考えて、投票に行けるうちに行っておこうと思ったわけです。

 選挙区の用紙、比例区の用紙・・・きちんと間違いないことを確認して
記入し、投票箱に入れます。渡された投票用紙の大きさが、いつも
業者市で使っている入札用紙に近かったもので、思わず

 ロビン・ブックセンター

 って書きかけました(笑) 危ない、危ない。余計なことを書いていると、
無効票扱いされるところでした。このブログをご覧の皆さん、ロビン
選挙に立候補していませんので、投票しないように・・・って、誰も
入れないかwww

 ところで、今日の不在者投票で腹立たしい出来事が。

 衆議院選挙と同時に行われる、最高裁判所の裁判官の国民審査。
コレの不在者投票もできるのですが、何とその日程が、あさっての
日曜日からとのこと。今日は、投票できませんでした。

 なに、そのタイムラグ? どうせなら、まとめて投票させろよ! って
思うのですが、こんな不合理極まりない投票制度で、今まで誰も
文句言わなかったのですかね? 私は、不在者投票は過去何度か
したことがありますが、早めに投票をすませたのは今回が初めて
だったので、そんな馬鹿げた運用になっているって気づきません
でした。

 権利の上に眠る者は保護せず・・・それは、それでいいですが、
せっかく権利を行使しようとした者まで眠らせようとする現行制度は、
もう少し改善の余地があると思います。

 まぁそういう制度なんだから、怒っても仕方ない。面倒ですが今度の
日曜日には、最高裁裁判官の国民審査の投票だけをしに、もう一度
役場を訪れることにします。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。