スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明日は投票日

 いよいよ明日は、衆議院選挙投票日。報道を見る限り、政権
交代に結びつく選挙ってことにはなりそうもありませんが、それ
でも、これからの日本の行く末を決める大事な選挙にはなりそう。
有権者の皆さんは、ともかくも投票所に足を運ぶようにはしま
しょう。

 ふと、政治家について思ったこと。

 自分の利益ばかり考えて、国民のことを考えない政治家。
これは三流、四流……いや、それ以前に政治家失格。人間は
社会的動物なのですから、自分のことばかり考える奴は、
人間失格って断じてもいいのでしょうが、最近は個人主義が
行き過ぎた感じがしますので、まぁそれだけで人間失格と
まで決めつけるのは可哀想かな。でも、政治家は失格。

 少し進歩した政治家。自分の支持母体、利益団体のことは
考える。……自分のことだけ考えるよりかはマシですが、
国民全体のことを考えないのですから、これは二流の政治家。

 では、一流の政治家とは? そう、国民全体のことを考えられる
政治家のことです。
 日本国憲法は、国会議員の地位について「全国民を代表する」
(43条1項)と規定します。自分の選挙区のことだけ考えるのでは
なしに、日本国全体のことを考えなきゃ駄目ですよと言っています。

 至極もっともな規定ですが、さて今の日本に、この規定を噛みしめて
いる議員はどれほどいるでしょう? 消費税の増税、社会給付の削減
……国民に負担を押し付ける一方、一向に議員定数の削減は進み
ません。一流の政治家ばかりなら、議員定数を減らせとも、給料をカット
しろとも国民は言いません。そうじゃないからシビレを切らしている。
国会議員の皆さんは、そのへん理解して欲しいですね。

 一流の政治家も少ないのですが、さらに「超一流」の政治家。それは、
日本のことだけでなく人類全体のことが考えられる政治家。
 いくら日本の国益に適うからといって、他国に迷惑をかけちゃ国際
社会で除け者になります。広い視野を持ち、人類社会全体のことを
考える……そんな器の大きな政治家の出現を切に願いたいですね。

 さらに言えば、人類のことばかりでなく、この地球上に存在する生き
とし生けるもの全てのことを考えられる政治家。それこそが、理想の
政治家でしょうね。
 いくら人類が豊かになるからって自然環境を破壊したり、資源の浪費を
続ければ、もちろん野生動植物の大量絶滅ってのもあるでしょうが、
やがては人類にしっぺ返しが来ることでしょう。

 そう考えれば、権力者は常により高い視点から物事を見ないと、正しい
判断ができないってことに気付きます。
 しかし、これはなかなか難しいことです。国会議員も、選挙で落ちれば
タダの人。落選が怖いわけですから、とりあえずは自分の選挙区の
有権者にいい顔をせざるを得ません。

 でも、どんなに困難でも、それをやり遂げてもらわないと、政治はよくなり
ません。超一流の政治は無理でも、まずは一流の政治くらいは実現して
もらいたいものです。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。