スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年末大掃除

 たまった本の整理を、せっせといたしました。世間でいうところの
大掃除ってヤツ。

 古本屋なんだから、多少雑然としていた方が味も出ると思うのです
が、何せ私の場合、自宅兼営業所って形態のネットショップ。そこかしこ
に本を積み重ねるっていうのは、あまり家族の評判がよろしくないのです。
 それと、まぁ気分の問題。正月には来客もあるということで家族にせか
され、何とか客間だけは片付けることに成功しましたw

 1年間、買取やら業者市やら、あるいは自分で購入したものやら、とにかく
多くの本が出てきて、でもそのほとんどに目を通せていないなぁ~って、
ちょっぴり自己嫌悪に陥る年末大掃除。来年こそ、もっと本を読むぞ! って
強く決意しておきます。

 本の整理って言ったって、右にあるものを左に動かすだけで、本の量
自体は変わりません。なので、さほど片付くわけではないのですが、
それでも年末は大掃除をするものというのが、日本人のDNAに組み
込まれているみたいで、この時期はそういうムードになるものです(^_^;)

 そうそう、基本、本を「捨てる」って選択肢はないのですが、それでも
やっぱり不要になった本は出てくるもので、どうしようかな、コレ・・・って
悩んだりもしました。もう、今年は市会はないし、・・・そうだ! 近所の
ブック○フへ持ち込もう! って持ち込んだら・・・

 随分、買い叩かれました (>_<)

 TVコマーシャルもバンバン流して、年末大掃除で出た不要本を買い
取りますよ~ってアピールしていますが、考えてみればそれだけ在庫が
余っているということですから、買取額は渋くなるのも道理です。

 買取額にこだわらないのでしたら、別にいつ持ち込んでも構いませんが、
少しでも高く買い取ってもらいたいってことでしたら、しばらく抱え込んで、
年が明けてから持ち込んだ方がいいかもしれません。

 さらに言えば、3月末の決算直前には安売りセールを敢行する店舗が
多いみたいですので、それが終わって新年度に持ち込むようにすれば、
在庫不足で高値での買取が期待できるかも。って、年末に出て来た
不要本をその時期まで保管することの方が大変でしょうがwww 

 私も、さっさと売り飛ばしました。

 あまりにも安いな~

 とは思ったのですが、その本を抱えて市会に持ち込む手間を考えれば、
さっさと手放してもいいやって判断です。

 ともかく、何とか大掃除は完了。どうにか、無事、年が越せそうでほっと
しています (^^)


 
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。