スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寄藤文平「絵と言葉の一研究」

 最近読んだ本。

 寄藤文平 「絵と言葉の一研究」(美術出版社)

 副題は、「『わかりやすい』デザインを考える」。デザイナーである著者が、
どんなふうくデザインを考えるのか。自己の体験も踏まえ、その思考過程を
分析した本。

 「研究」っていうと堅苦しい感じですが、でも難しい言葉づかいはなく、
ふんだんにイラストも用いて解説しているので、読みやすい本です。ただ、
帯書きで著者が、「正直、わからなくなってきました」って語っていること
からも分かるように、けっこう内容は深いものがあります。

 へぇ~、本職の人はこんなふうに考えてデザインしているんだ!

 そんな発見をさせてもらえる本でした。印象に残った言葉を、ちょっと
引用。

 ……
 水素と酸素が結合すると、水素とも酸素とも違うまったく別の性質のもの
になる。
 これとよく似たことが絵と言葉にもいえるように思う。絵と言葉は同じでは
ない。絵には絵の、言葉には言葉の性質がある。そして、絵と言葉がきちんと
結びつくと、絵でも言葉でもない「なんか変なもの」になるのだ。
 ……


 私はどっちかというと、「言葉」に頼る人間。自分の考えを表現するのに、
絵よりも言葉の方がスムーズにいくって感じています。だから、絵って
いうのは、言葉で説明するモノの補助的な役割って思っていました。

 でも絵と言葉を同時に見せられると、確かに、言葉だけを受け取った
時、絵だけを受け取った時と比べ、まったく違う印象を受けるような……。
それが、著者のいう「なんか変なもの」ってものの正体かどうかわかり
ませんが、絵と言葉の結びつきってのは、なかなか面白い研究テーマ
だと思いました。

 生活にあふれるさまざまなモノのデザインを自分なりに見直すキッカケ
になりそうな本。デザインの仕事を専門にされている方だけでなく、
一般の方にも楽しめる本だと思いますよ。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。