スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初市についての想像

 東京・築地市場では今日が初競りだったそうで、青森大間産の
マグロに451万円の値が付いたとの報道がありました。400万円
を超えているのですから、大金は大金。でも、一昨年は1億円以上で
取引されていますから、それに比べれば安価。昨年と比べても、
4割ほどは安かったそうです。

 取引高はともかく、こうやって報道されるってのは、羨ましい気も
します。それだけ国民の関心が高いってことなんでしょうから。

 買いにくるお店も、メンツにかけて高額をポーンと弾むってことが
できますね。たとえお店のお客さんから回収できなくても、大勢の
報道陣が集まるのですから、宣伝効果は抜群。広告宣伝費と思えば、
多少の出費は我慢はできるのでしょう。

 対して……古書市場って、報道されるんですかね? あまりニュース
でも見た記憶がありません。「初市」って言っても、ほとんど普段と変わ
らず、淡々と取引が進んでいくだけなのかな? 私は昨年夏に組合に
入ったばかりなので、もちろん新年の初市経験も初めて。どんな感じ
なのか、全く知りません。どんな感じなんだろ? (^_^;)

 ある支部の市では、普段より少し開始時間が早くなって、食事会
みたいなのも行うとのこと。それに本部の市では、これはたまたま
日程の都合かも知れませんが、豊書会と日南会という二つの市会が
同時開催されます。ちょっとは普段とは違う感じになるんですかね?

 とはいえ、取引されるのはあくまで古本がメイン。マグロのように
何百万って金額にはならないと思いますが……それでも、ご祝儀
価格で、通常より相場が高くなるってことはあるのかな? 少し
楽しみな気もします (^^)
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。