スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネットショップではありますが……

 このブログでは、ネットショップやっています! って書いているロビンですが、
実際は、活動休止中。現在、即売会やら市会やらでの活動がバタバタしていて、
ネットショップの方まで手が回っていない状況 (>_<)

 大手サイトを利用して販売することもありますが、自前のサイトを用意して、
そこで注文を受けるってこともやっていました。さほど維持費もかからない
ですし、全国の人を相手に商売ができるので、インターネットは便利なビジネス
ツールであることに間違いはありません。

 今は手が回っていませんが、落ち着いたらまた自前サイトでの販売を再開
して、コツコツと地道な販売努力は続けたいって思っています。

 ただ、「ネットショップ」って肩書からは早く卒業したいって思っています。
ネットを通じて商品を売って、入金確認して、発送……相手の顔が一切
見えないだけに、何となく商売をしている実感が湧いてこないんです。

 即売会など、実際にその本を買ってくださるお客様の顔を見ながら商売
する方が、好まれる本だとか、探している本なんて情報も察知できますし、
何より商売をしているって実感があります。古い人間なんですね、きっと。

 理想を言えば店舗を持って、地域に根差した古本屋っていうのをやって
みたいとは思いますが、今は組合に新規加入する方もネット組がほとんどで、
店舗を持っている方は少数派ですし、それどころかリアル店舗を持って
いた方も、店を閉めてネットに移行するって流れが加速しているみたい。

 要するに、テナント料の支払いやら人件費やらの固定費の負担が
大きいっていうことと、万引き被害などの馬鹿にならない損害もあって、
店を続けるというのはなかなか大変な事情があるのです。しかも、最近は
大手新古書店が台頭していますから、ライバル店との競争も激化して
いるって問題もあります。

 「店を持ちたい」って夢を語っても、たいていの先輩方は「やめとけ、
しんどいだけやぞ」っておっしゃいます。まぁ、そうなんだろうな。。。

 確かに、インターネットは便利ですし、顔も知らぬ人と取引ができるって
のも魅力的ではあります。でも、やっぱり私は、対面での商売に魅力を
感じます。相手の顔を見て商売するのこそ、商売の本道だろうって思う
からです。

 目の前のお客さんを満足させて、そこで次のステップとして、もっと
大勢のお客さんに満足してもらえる手段を探す……本来なら、これが
筋道のはず。ネット販売ってのは、商売の応用問題のはずなんです。

 ところが最近は、この商売の応用問題の方が手軽に始められるもの
だから、ネットショップがスタートラインに来ます。私自身も、そうでした。
で、即売会やら店舗運営やらが応用問題って感じ。

 お手軽感を基準に考えたら確かにそうかもしれませんが、でもやっぱり
逆の気がします。目の前の人を喜ばせられないのに、どうして会ったことも
ない人を喜ばせることができるんだろう? って不思議に思います。

 ……こんなことを考えている段階で、多分、相当頭の中身は古い人間
なんだろうなwww でも、そう思っちゃうのだから、仕方ない。便宜上、
「ネットショップ」を名乗ってはいますが、私は対面での商売を重視して
いきたい……そう考えています。

 過去2回参加した催事の結果。先輩方との売上高を比較すると、明らかに
まだまだ差があります。ってことは、まだまだ私にはネット販売に移行する
前にやるべきことが山とあるはず。目の前のお客さんにどうやったら
喜んでもらえるか……消費者の立場ではさほど意識しなかったことも、
いざ売る立場になったら頭を悩ませるもので、だからこそ商売は面白くも
あり、難しくもあるんでしょうね。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。