スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

特別市の準備

 本日は朝から古書会館に行って、月曜日に開かれる二世会特別市の
準備。いやぁ~、すごい量の本でした。直接、古書会館に持ち込まれた
本の他、全国から郵送で送られてきた品があるので、なかなか見応えが
あります。

 特別市というだけあって、普段より出品数も多いですし、最低入札額も
いつもより高めに設定されています。でも、その分いい品もぞくぞくと
出てくるって感じ。実際、今日品物を並べている段階で、「おっ、いいな!」
って思うものもけっこうありました。

 欲しいけどなぁ。落とせるかな~。私は二世会の同人(=運営スタッフ)です
が、だからといって入札においては、ハンデがもらえるわけじゃありません。正々
堂々、入札額で勝負。勝ちたきゃ、金を積むしかありません。

 こういう時には、作戦が重要になって来るんだよなぁ。
 ここぞ! っていう品に精一杯の金額を注ぎ込んで一点豪華主義で行くか。
それとも、ともかくよさそうな品には、そこそこの金額で札を入れて下手な鉄砲
数撃ちゃ当たる方式で行くか。

 ほどほどの金額で、数多くの品を落札したいなんて欲張りなことを考えて
しまいますが、全国から大勢の古書店さんがくる日なので、絶対にそんな
甘い考えではいい品はゲットできません (^_^;)

 いくら特別市の経験の浅い新人とはいえ、さすがに何も落とせないって
ことだけは避けたいところ。全国にロビンの名を知らしめるってほど大胆な
買い方はできませんが、勝負所って思った場面ではケチらず精一杯の
金額を書き込みたいと思います。

 どこで勝負をかけるか。来る月曜日に向け、今からイメトレでもして万全の
体制で臨もうと思います (^^)
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。