スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

社史を楽しむ

 先日の二世会特別市で、大量の社史を購入しました。

 社史は、会社の歴史を記した本。たいていは非売品で、関係者だけに配られるもの。一般に流通しにくいものですから、珍しいといえば珍しいのですが、購入層が限られるため仕入れたからといって飛ぶように売れるってものではありません。あまり人気のない本ですから、これを落とした時には

 そんなモン仕入れて、どないすんねん!

 って先輩方のツッコミもありました (^_^;) でも、まぁごくたま~に売れないこともないですから、こういうのを仕入れるのも面白いかなって思っています。

 社史を読んでも退屈なものが多いですが、それでもパラパラと読んでいると、意外な発見があったりして面白いこともあります。たとえば、この前仕入れた本の中にあった「大阪瓦斯五十年史」。「瓦斯」って表記に時代を感じますね~。「ガス」って読みます。

 「大阪ガス」は、関西のガス会社。我が国のエネルギー政策ですとか、日本の経営史を研究するって人には、なかなか貴重な文献の一つになるかも。まぁそれはともかく、私が興味を持った部分。この本が出版された当時の、大阪ガスの定款が面白かったです。

第2条 当会社は、左の事業を営むことを目的とする。
 一、瓦斯の製造、供給及び販売。
 二、瓦斯副産物の製造、精製及び販売。
 三、瓦斯器具及び瓦斯計量器の製作並びに販売。

 
 定款には、会社の「目的」を定めることが必要です(絶対的記載事項といいます)。その会社が、どんな事業を営むのか。それが目的欄で、これは会社の登記にも記されることになっています。で、上に記した部分だけでは何の面白味もありません。ガス会社がガスやガス器具を販売するっていっても当たり前のことですから。

 でも、この次。

 四、医薬品、化学工業薬品及び化粧品の製造並びに販売。

 どうです? 大阪ガスが化粧品を販売している会社なんてイメージがありますか? こういう企業の意外な一面を発見するのも、社史の楽しみ方の一つかもしれません。

 ちなみに、現在の大阪ガス。ネットで確認したところ、定款は大幅に改定され、事業目的もぐんと増えています。化粧品の販売は事業目的から外れていますが、代わりに(?)不動産事業ですとか、料理教室ですとか、ぐんと事業規模が大きくなっています。どういう過程でその会社が成長していったのか。社史を読めば、その過程を知ることができて、なかなか楽しいものですよ。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。