スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

話題の出品物

 先日、ある市会でのこと。今日行われる新興会の目録を、スマホで見てらっしゃる方がいました。私も拝見させていただき、どんなのが出るのかな~? ってチェック。

 すると、中に心惹かれる品が。某雑誌の10年分以上が、揃いで出品されています。普通、雑誌というのはなかなか値段がつかないものですが、その雑誌は人気が高く、即売会でも飛ぶように売れていく様を私は目撃したことがあります。

 で、私も欲しいな~とは思うのですが、どうにも高くなりそうです。他の方も交え、ワイワイと落札額予想談義。1冊あたり××円として、○○円くらいかな? いやいや、以前別の市会で出品されていた時は、もっと少ない数でもっと高値がついていた……などなど。予想金額に誤差はあるものの、皆、そこそこいい値段で落札されるだろうってことは一致した見解。私も入札するつもりですが、落とせるかな?

 プロの古本屋が皆、いい品だ! って騒ぐわけですから、状態さえ良ければ二束三文で落ちるってことだけはないはずですが、それでも市会は水物。その分野に強いお店の方が顔を出さなければ相場より安くなるってこともありますし、強気のお店が入札すれば随分高額になるってこともあります。長い目で見れば、ある程度「相場」ってものは形成されていくのでしょうけど、短期的には運不運ってのもつきものなんですよ。

 今日の新興会。その商品が、いくらで落札されるのか? たとえ自分が落札できなくても、後学のためしっかり勉強してこようと思います。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。