スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

即売会とお店の違い

 何度か即売会に参加して気付いたこと。こういう具合に尋ねてくるお客さんが意外と多かったです。

 ××って本ありませんか?

 あるいは……

 育児書のコーナーはどこですか?

 って感じ。実は、コレ。案外答えにくい質問です。というのも、即売会場のレイアウトは実際の古本屋のレイアウトとは大きく異なる部分があるからです。

 実際の古本屋のお店では、この棚は文芸書。あそこは実用書、コッチは文庫本……って具合に、ある程度どこに何を置くかっていうのは店主の裁量で決められているはずです。専門店の場合だったら扱わないジャンルもあるかもしれませんが、それでもどこにどんな本を置くかっていうのは、ある程度長年の経験に裏打ちされた合理的な配置になっているはずです。

 ところが、即売会での本の配置は、ジャンルごとに分けられるわけじゃありません。ここはA店、あそこはB店……って感じで、お店ごとに売り場が与えられ、与えられた売場の範囲内でそれぞれのお店が工夫して商品を陳列しているわけです。ですから、コッチに文庫本のコーナーがあったと思ったら、あっちにも置いてあったってことがよくあります。

 お店ごとには、ある程度まとまりのあるレイアウトになっているかもしれませんが、全体的に見ると渾然一体というか、ごちゃ混ぜ感が出ているというか……(^_^;) ま、そういうわけで、なかなか欲しい本が探せずに困ってしまう人も少なくないみたいです。

 即売会によっては、均一本や児童書のコーナーを別に設けて、お客さんが探しやすいよう工夫されている場合もあります。が、基本は色んな店が寄り合って一つの売り場になっているって方式。ミニ商店街、ミニ古本街ってイメージ。多くの本の中から必要な本を見つけ出す……そういう能力も、即売会でいい本を買うためには大事かもしれません。

 もちろん、お目当ての本を尋ねられた時には、分かる範囲でお答えしますが、それでも参加店の商品を全部チェックできているわけではありません。誰それの~って本って具合に具体的な書名を挙げられても、自店の持込み分になければ、
「××さんのお店がそのジャンルが得意なので、あのあたりの棚を探してみてください」って答えるのが精一杯だったりします。

 お客さんの立場からすれば不親切な部分もあるかもしれませんが、宝探し感覚で楽しみながら、アチコチのお店の商品を隈なくチェックするってようにしていただければと思います。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。