スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お金の計算

 本日、古書会館にて作業。先日のオーク即売会での、各店への支払い計算があったのですが、そのお手伝い。

 ドサッ

 と置かれた袋の中には、札束がギッシリと。おお~っ! もちろん、これが全部私のものになるわけじゃなく、各店の売上に応じて、これを分配するわけです。でも、これだけの大金を目にするのは久しぶりだから、妙にテンションあがったりしてwww 

 売上金は曜日ごとに袋に入れられているのですが、これをレジの数字と照らし合わせて、間違いがないか確認。無事、計算が合いました。ヨカッタ、ヨカッタ。

 一つ、気づいたこと。皆さん、紙幣の数え方が上手です。私はどうも苦手で……。

 ひい、ふう、みぃ・・・

 間違いないよう丁寧に数えたのですが、どうも不格好だな。いかに普段、お札を扱いなれていないかがバレバレです (^_^;)  ネットショップって10万売れようが、100万売れようが、帳簿上の数字だけのことなので、実際にお札を数え慣れていない人って案外、多いかも。

 そういや郵便局に勤めている友人は、新人の頃、お金の数え方の特訓を受けたっていいます。1枚違っていたって、大変なことなんですから、そりゃ、訓練もしてしっかり慣れておかないといけませんよね。その道のプロが、訓練を受けないとなかなか上手にできないっていうのですから、零細古書店がお金の数え方が下手っぴでも仕方ないのかもしれません。

 今回の即売会でも、何度かレジに入りましたが……正直、レジ作業は好きじゃありません。他人のお金を扱うってのが緊張するんだよな~。いっそのこと即売会ではレジ当番なんて廃止して、セルフサービスにしたらどうだろ? お代は、各店に設置されているブリキ缶の中へ! ってな感じで(笑) 斬新だと思うけどな~。ま、無理だな。。。支払わずに、そのまま持ち帰る人も多数出てきて、棚卸減耗損がドエライ金額になりそうだwww

 他人のお金を扱うのは嫌でも、自分のお金を手にするのは嬉しいもの。今日は、私の店の売上もゲットできたので、よかったです。思ったよりもいい売上で、先輩方には「頑張ったね」って誉めていただけました (^^)v

 でもなぁ~、次が大変なんだよな~。新しい本を入荷し続けるのが。4月の四天王寺が終わったら、また6月にはORCで即売会。う~ん、その時の本はどうしよ。。。売れ残りを速やかに処分して、新しい本を入荷して……って、それを繰り返して、どんどん在庫を回転させていかないと、今回のように、そこそこいいラインで売上げるってのは難しくなってくるでしょう。

 なるほど、即売会では売る苦労だけじゃなく、次の商品を仕入れる苦労ってのもあるわけですな。まぁでも、これはお店を経営されている方に比べれば負担は小さいはず。四の五の言わず、必死になって、いい本を掻き集めたいと思います。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。