スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これは本というよりも……

 今日は朝から、四天王寺の即売会の準備。どうにかお昼前には、出品する本の準備にめどが立ったので、早めに切り上げて休もうかなって思っていました。まだ少しノドの調子が悪いので、大事を取って午後はオフにしようかって考えたわけです。

 ところが、ノンビリ気分でいたら、買取依頼が入りました (^_^;) ちょっとタイミングが悪いなぁ~って思いつつも、ご近所でしたので、喜んで伺うことに。多少疲れがたまっていても、いい本が仕入れられるとなれば頑張れるのが古本屋の性。でも、どんな本だろう~? 電話で尋ねたところ、

 服の本なんです!

 とのこと。服の本? ファッション雑誌かな? あまり値段がつきそうにはありませんが、電話で聞く声の感じからは、かなりご年輩の女性のよう。ってことは、着物の本かも。

 着物の本の場合、モデルの女優さんによっては、そこそこいい値段で売れることもあります。ファッション誌というよりも、その女優のファンの方が買うファングッズ的な感覚。そんなのが入ってくれていたらラッキーですが、電話ではどうもよく分からなかったので、ともかくご自宅を訪問することに。ご近所なんですから、電話であ~だこ~だ言うよりも、実物を見せてもらった方が早いってものです。

 で、見せてもらったところ……

 通販雑誌

 でした (>_<) これは、さすがに無理! それどころか、本らしい本はなく、ほとんど広告ビラの山……ガーン!! ま、こんな日もありますねw

 その方には、買取は無理ですってことをお伝えしたのですが、処分したいとのことでしたので、無償にて引取り。利益にはなりませんが(むしろガソリン代の分、マイナス)、一種の地域サービスって感覚で持ち帰りました。さほど量も多くなかったですしね。

 でも……当店は、古本屋であって、故紙回収を専門にしているわけじゃありませんので、今後は広告ビラだけの引取りはお断りする場合もございます。あしからずご了承くださいませ m(__)m
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。