スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

古本屋の儲け方いろいろ

 先日、仲のいい古本屋さんとお話をしたときのこと。その方はネット専門店。インターネットを駆使して、多くの本を売りさばいています。

 毎日大量の買取があり、市会にも出品の多い方。それだけ在庫が多いのでしたら、即売会などのイベントに参加すればさぞかし売上は伸びるだろうと思うのですが、不思議なことにその方は、即売会に一切興味を示しません。

 手間がかかる!

 ってのが、その理由。確かに、大手サイトで出品するのと違って、値札を貼ったり、ジャンルごとに整理したり……そんな苦労はありますね。でも、商品情報をPCに入力する手間を考えれば、値付けの手間の方が楽な気がします。梱包や発送の手間もいりませんし、トータルで考えると即売会の方が楽な気もするんですがね~。

 どうもこのあたりは、各古本屋の好みが分かれるようです。店舗、インターネット、即売会……古本屋には色々な売り方があります。他にも、良質な本を大量に仕入れるルートを確保している方でしたら、業者市の売上だけで生計を維持するってことも可能かもしれません。

 どの販路も、一長一短。どのメリットを高く評価し、どのデメリットを苦にしないか……そういったことを総合的に考えて、店ごとに主力販路を決定するわけでしょう。もちろん、どの売り方が正しいとか、そういう問題じゃありません。あくまで、好みの問題。ただ、そうはいっても流行みたいなものはあります。

 今の時代、インターネットが大人気。ほとんど経費が掛からない上に、全国の人をターゲットに商売ができるので、たいていのお店はネット販売を活用しています。昔から行われている目録販売。あれにイメージは近いですね。今後もインターネットを活用して商売をするお店は増えていくことでしょう。

 一方、人気薄になってきているのが店売り。店舗を持つと、テナント料やら人件費やらの固定費が随分かかります。それを補って余りある売上があればいいですが、近所に大型店が出来たりすると、一気に経営は苦しくなります。私はいつか店を構えたいと思っていますが、そんな話を組合の人にしても、たいていは

 やめとき! しんどいで!

 って心配されます (^_^;) まぁ~、そうだろうな。おそらく金銭的なことだけ考えれば、店なんか構えない方が楽。でも、店を持てばネットでは味わえない楽しさもあるはず。商品を買っていってくれるお客さんの顔が見えるってこと。自分の仕事が、社会の役に立っているという実感。これこそ、古本屋としてのリア充。まぁ、そんな実感を味わったところで、一銭にもならないっていえば、そうなんですけどね。。。

 でも、私はそういう商売がしたいです。買う人の顔が見えないことには、売る喜びなんて湧いてくるはずがないって思うからです。それに、古本業界は、はっきりいって斜陽産業。儲ける人もいますが、全体的に見れば市場規模は縮小傾向にあるはずです。そもそも、本を読む人が減ってきているんですから。

 ってことは、そんな斜陽産業に飛び込んで、ガッポリ儲けようってのがナンセンス。金が欲しけりゃ、不動産なり、デートレードなり、もっと大きな金額を扱う商売をすりゃいいわけで、わざわざ本を扱う必要はありません。本を売るにしても、どこかの企業にサラリーマンとして勤めて、ブックオフでセドリしてネットでチマチマ売ってる方がリスクは少ないでしょう。何でわざわざ、組合に入ってまで古本を扱うのか。。。

 ってなことを私は思っていますが、どうもこのような考え方ははっきりと少数派のようです。組合には入る。でも、店売りや即売会は考えない。ネットだけ。じゃあビジネスの規模は小さいのかというとそんなことはなく、しっかりと稼いでいる……。私から見れば矛盾に満ちた生き方に思えますが、こういうビジネスがどうも主流になりつつあるようです。

 私が組合に入ったのは、ごく最近のこと。でも、頭の中は古生代ってな感じですから、古本屋のビジネスモデルの変化に対応できるのか、正直自信ありません。自分なりに方法を模索して、少しでも長くこの業界に棲み続けたいなぁ~って思っています。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。