スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

買取1件

 本日、大阪府枚方市にて買取。お会いするや否や、

 高う、買うてや~

 ってプレッシャーがwww う~ん、精一杯頑張ります! (^_^;)

 見せていただいたところ、なかなかおもしろげな本も。これなら、遠出した甲斐があるかも。ところが、いいなぁ~と思っていた本も査定途中で、

 ああ、ごめん。コレはやっぱり売れないわ!

 ってことに! ガーン (>_<) 思い出の本だったり、まだ読みかけの本だったり、そういう本を手放すのが惜しいってのは自然な感情。よくあることなので気にしませんが、できたら処分できな本は事前に別に保管しておいていただくと助かります。。。

 ま、それでもそこそこに買取量はあって、査定額もご納得いただけ、無事、買取完了。どうにか、手ぶらで帰るって事態だけは防げました。ヨカッタ、ヨカッタ。

 そうそう、古本屋の買取についてひとこと。

 本の査定方法なんて、各お店でてんでバラバラ。古本屋が100人いれば、100通りの査定方法があるものと思います。得意分野もあれば不得意分野もあるわけで、どういう査定方法が正しいって基準もなかなか難しいもの。本を売るお客様の立場からすれば、高く買い取るのがいい古本屋ってことになるでしょうが、ビジネスの観点から見れば、利益を確保しつつお客さまに満足いただける金額ってのがいい買取ってなります。

 これって難しいですよね。だって、売値は安くないと消費者は買ってくれないのですし、買取額が高くないとお譲り頂けないのですから。

 高く買って、安く売る

 そんなビジネスモデル自体、矛盾に満ちたものに決まっています。が、それでも何とかその矛盾を克服しようと各店は一生懸命経営努力を重ねているわけです。だから……「高く買え!」ってプレッシャーは、あまりかけないでくださいね。そんなこと言うアナタだって、ほら、1円でも安いガソリンスタンドがあったらそこに行くでしょ? ウチかて苦しいんです。わかってくださいよ……ってなことを言えるわけもないしな~www

 まぁかけられるプレッシャーは、貴重なご意見として真摯に受け止めますが、なかなかご希望に添えない場合もあることをお知りおきくださいませ m(__)m
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。