スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

上手くいかないときってあるもので

 おはようございます、ロビンです。

 いつもいつも苦しめられる阪神の交流戦。でも今年は、4連勝でスタート。幸先いいなぁって思っていたら、その後3連敗。特に前夜は、悲惨な負け方 (>_<) なんだ、やっぱりいつもの調子か。。。ガックリ

 そんな調子でしたから、あまり期待せずに昨日の阪神-ロッテ戦を、テレビで観戦していました。すると8対0と圧勝ムード。さすがに今日は勝っただろって、まずは安心。

 こういう大差の試合ってのは、野球場で観戦するには楽しいですが、テレビ観戦だと白けるもの。ところが、昨日の試合では大差でありながらも、それなりに楽しめる理由がありました。それは先発・藤浪投手の記録。連続イニング無失点記録を順調に伸ばしてきていて、どこまで伸ばすかってことに注目が集まっていたのです。「1点もやれない!」……そういう緊張感があったものですから、大差であろうと阪神ファンとしては、手に汗握る試合展開だったってわけ。

 でもなぁ~……味方選手のまずい守備で、ノーアウト3塁のピンチに。ライトが後ろにボールをそらしたら、そりゃ長打になるだろ! って。それでも気を取り直して、次のバッターを三振に。まだまだ連続無失点への期待は高まります。で、次のバッターも内野ゴロ。三塁ランナーも、スタートはかけていなかったよう。よし、まだ無失点……と思いきや、

 何とセカンドがエラー!

 あ~あ、とうとう失点しちゃいました。ま、7回1失点だったら、先発投手としては上出来なんで、記録のことは忘れて頑張れよ! って応援していたんですが、一度歯車が狂うと何をやっても上手くいかなくなるってことがあるもので、その後はサッパリ。これまでの好投が嘘のように乱れました。ヒットやフォアボールなどで、結局このイニング4失点。ここで降板。。。

 テレビ中継は、ここで終わりました。続きが気になるのですが、まぁいくらなんでも7回まで来て4点差だし、さすがに大丈夫だろうって思っていました。

 が! しかし!

 今朝、試合結果を見てビックリ。ナニ? 9対8って? 勝つには勝っているけど、サヨナラってどういうこと?

 どうやら、藤浪投手のあとを任されたピッチャーも抑えきれず、なんとその後も4点取られ、同点に追い付かれていたとのこと。延長の末、どうにか勝っていますが、さすがにこれは嬉しくない勝ち方だろうな~。

 大量得点で圧勝、藤浪投手の記録も楽しみって思っていたものが、味方選手の相次ぐエラーで失点。それでも完投はできるだろって思っていたものが、突如乱調になってピッチャー交代。まぁでも勝てて良かったねって思っていたら、何と藤浪選手の勝ち投手の権利も消えていたってwww

 野球に限らず何事も、順調な時にはさほど苦労しなくても物事は進むものですが、トラブルがあった時、いかにその悪い流れを断ち切ることができるか。これが難しいものです。

 古本屋も同じ。さほど張り込まずに市で本を買えることもあれば、気合を入れて入札しても、ことごとく競り負けていくってこともあります。売れないだろ~と思った本が売れることもあれば、自信満々に持ち込んだ本が見向きもされないってこともあります。

 悪い流れの時に、どうやってそれを耐えしのぐか。勝負の世界に生きるプロ野球選手ですら難しいことなのですから、草食系(?)の古本屋にとっては、なおのこと難しいことなのかもしれません (^_^;)
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。