スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

次はたにまち

 弁天町オークでの即売会が終わったので、しばらくはノンビリ気分。とはいえ、来月には「たにまち月1即売会」に参加予定。そっちの準備も進めなきゃいけません。一つのイベントが終わっても、また次のイベントがやって来て……って、いつまでたっても必死で本を集めなきゃならないって状況は変わらないわけで、実はあまり心休まらなかったりして。。。連日、借金の取り立てを喰らっている気分www

 でも、たにまちの即売会は今のところ、そんなに台数を出す予定はありません。

 こんな本は、どうですか?

 って感じで、自分が面白いなぁ~って思った本を持込んで、古書ファンの反応をうかがうっていう市場調査的な意味合いで参加したいと思っています。

 たにまちの即売会の会場は、大阪古書会館。古書組合の本部所在地なわけで、言ってみれば古本屋の聖地。そんなマニアック(?)な場所に出入りするお客さんですから、相当な業界通か熱心なコレクターの方が多いわけで、かなり本についての造詣も深いはず。

 ってことで、ここでのお客様を相手に、自分の選んだ商品が通用するかどうか。いわば古本屋としての腕試し、修行の一環として参加していくつもりです。修行ですから、ちょっとやそっとの赤字が出たくらいでは撤退するつもりはありませんが、長く続けられるよう大きな赤字のリスクを減らすため台数は控え目にしていくつもり。隔月参加で、毎回1~2台程度の売台を確保する予定です。

 参加することに意義がある。……そういう意識で、たにまちの即売会に臨んでいますが、今回、弁天町オークでの売上がそこそこ良かったため、ある先輩からは

 たにまちも、もっと台数を増やせばいいねん!

 ってアドバイスをいただきました。そりゃ~、私としても儲けは欲しいですから台数が増やせればいいのですが、今はまだ在庫不足。でも、やがては売場面積をもっと拡大していきたいな~って気持ちは持っています。良質な本が大量に確保できれば、アチコチの即売会でドサッと出品できるのですが、さてさてそんな日は来るのかな。。。(^_^;)

 結局、古本屋の肝は在庫。即売会が終わっても、せっせと本を買い漁る日々は続きそうです。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。