スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本の買取と年代

 古書の買取の際、本のジャンルには比較的柔軟に対応するお店が多い
ですが、一方で本の発行年には厳しい買取条件を定めているお店も多い
ですね。
 大手の新古書店では、発行年が古いと極端に買取金額が落ちたり、
バーコードやISBN番号のついていない本は買取らないという方針を
定めているところが多いようです。実際、そういった大型店に買取を
断られてから、当店に電話をしてくる人もけっこういます。

 大型店で買取らない本なんだから、何の値打ちもない本かといえば
決してそんなことはなく、1冊数万円の高額で売れることもあります。
 そんな「お宝」本を取りこぼすなんてもったいない……って思われる
かもしれませんが、実際にはそういった高額本はわずか。それらを
探し出す手間、担当者の目利きを養う手間などを考えたら、そこを捨て
て比較的新しい本の扱い量を増やすことで、利益を生み出そうという
ビジネスモデルなんですね。

 大型店はそういった大雑把な商売でもやっていけますが、個人店
では、大型店のようなそういった取りこぼしをしっかり防ぐことが
大事。たいていの個人店では、ココが主力商品になってきます。

 個人店でも、古い本は扱いませんって宣伝してらっしゃるお店が
あります。でも、大型新古書店との競合のない地域でなら、そういう
商売もできるかもしれませんが、そうでなければなかなか厳しい
でしょう。買取金額、販売金額ともに資本力の差で大型店にかない
ません。

 古い本の中にも価値を見いだす……これこそが、個人経営の古本屋の
醍醐味だと思うのですがねぇ。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。