スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「たにまち」の準備ほぼ完了

 今日は、ひたすら「たにまち月1即売会」の準備。未整理の本の山から、本を選び出して値付けをして木箱に入れるって作業。ノンジャンルでとにかく出品ってスタンスで今回は臨むので、まぁそんなに時間はかかりません。ただ、自分なりに「100%新ネタ」って制限を課しているので、そこはちょっと大変かな?

 仕入量はそこそこあっても、その全部が全部、売り物になるわけじゃありません。傷みの激しい本、さほど値段の付けられない本といった類の本は、廃棄処分をするか、均一本コーナーに回すことにしています。こういうのはいくらあっても商品価値は高くないわけで、売上高を上げるには、それなりに値段の付けられる本がないとどうにもなりません。

 でも仕入れた本がどの程度商品になるのか……これって実は、本の整理を終えないと分からないって部分もあります。特に市で大量に購入した場合には、思惑とかなりズレる商品価値ってことはよくあるものですから、目利きを誤ったって場合には、売値が仕入値を割り込んでしまうってこともあります。う~ん、困ったものだ (^_^;)

 そんなわけで、未整理の本の山がドサっとあっても、果たして売り物になるかどうか。蓋を開けてみなけりゃわからないってドキドキ感は常に感じるものです。「100%新ネタ」ってのは、けっこう高いハードルなんですよ~。……って叫んでみても実はあまり意味はないかな。いい本があれば売れるし、つまらない本ばかりだったら閑古鳥。新ネタかどうかってのは古本屋の自己満足で、まぁ一般のお客さんにはどうでもいいことなのかもしれません。

 ともかくも1日がかりの作業で、何とか「たにまち」の出品準備はほぼ完了。店主の自己満足が、一般のお客さんにどう受け取られるか。結果は、来週金曜日には判明します。ドキドキ (^^)
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。