スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

多くの本があると

 おはようございます、ロビンです。

 昨日の新興会。まずまずの戦績 (^_^)v 逃した品もありましたが、それなりの数を落札できました。先月までと比べ、今月は本の数が多い気がします。昨日も多くの本が出ていましたし、他府県からも大勢の方が集まっていました。やっぱり多数の人やモノで賑わわないと市会は盛り上がりません。活気がある市ってのは楽しいものです。

 ただ、活気が良すぎるのも考えもの(?)……っていうか、残念なこともありました。

 昨日は、朝、のんびりとしていたので、古書会館に着いたのは昼過ぎ。第1回開札の直前でした。ちょっと慌ただしかったわけ。で、パッパッパと欲しい本を見つけては入札していったんですが、多数の本にまぎれ、けっこう見落としがあったみたいです (>_<)

 開札が終わった品は、落札者ごとに1カ所に集められるんですが、私の隣で集められている本をふと見れば、おやおや? いい本があります。しかも、落札額も手頃。ガーン!! 何で入札しなかったんだろ? 完全に見落としていましたね。

 入札したけど金額で競り負けたとか、欲しいけど予算の都合で見送ったって場合なら仕方ないですが、入札すらせず不戦敗ってのは悔しいですね。同じ三振でも、見逃し三振より空振り三振の方が清々しいってものです。反省、反省。

 で、どうしてこんな見落としが発生したのか、自己分析。思い当たる点がありました。

 もともと大阪の古書会館ってそんなに広くありません。狭い会場に、所狭しと本が並べられ、しかも昨日は大勢の方で賑わっていたのですから……そう、会場の端から順々に品物をチェックしていくってのではなく、誰かが通る度に道を譲りながら、アチコチに並んでいる本を飛び飛びにチェックしていったのです。

 それでも普段なら、会場を2度3度回って見落としに気付いていたことでしょうが、昨日は会場入りが開札時間のギリギリだったため、あまり入念な確認ができなかったってこと。こういうこともあるので、やっぱり市の日は、なるべく早くに会場入りをした方がいいみたいです。

 でも、こういう見落としは私だけではないようです。あるベテランの方は安値で落札できて喜んでいたのですが、

 コレ、誰も入札がなかった!

 って不思議がっていました。確かに、普段ならもう少し札が入っていそうな品。品物が多いと、ベテランの方々にもやはり見落としは発生するものなのかもしれません。

 人間だからミスはつきもの。しかし、そのミスを少しでも減らせるよう気を付けていきたいものです。昨日の悔しい経験は、今後の反省材料にしなくっちゃね!
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。