スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

百科事典専門店?

 もし皆さんが古本屋を始めたいと思った時、真っ先に知って
おかなければいけない、買取相場というものがあります。
 それは、百科事典の相場というものです。ズバリ・・・

 0円!!(買取不可)

 です。これは大型店、個人店関係なく、全国共通の相場です。
百科事典にお金を支払って買取る店というのは、ほぼないでしょう。

 百科事典は、まず売れません。最近はインターネットが普及して
いますからねぇ。何か調べものをするとしても、百科事典をめくって
調べるってことは、ほとんどなくなりました。
 売れたとしても、大した金額では売れません。需要と供給の関係で
そうなります。百科事典は、市場にあふれかえっています。でも、
欲しいって人はそれほどいない……。そうすると、商品価格は下がる
一方です。

 管理も大変です。場所を取りますし、1巻でも欠けたら何の値打ちも
なくなります。他の商品を仕入れたときに、ちょっと場所を移動させたい
と思っても、重たいですから一苦労。
 売れ残って、結局、廃棄処分するだけというのがオチです。

 というわけですから、どこのお店でも百科事典は買取りません。何十万
円も支払って揃えた本が1銭の値打ちもないっていうのは、お気の毒では
ありますが、これも商売。お客さんには、きちんと説明してご納得いただく
しかありません。

 私もこの仕事をして初めて知りましたが、本当に、百科事典というのは
よく出てきます。もし、皆さんにその気があるのでしたら、百科事典を
集めまわって百科事典専門店を開くことくらい、わけないですよ。集める
だけでしたら、簡単にできます。でも、それを売って商売にするのは難しい
と思いますが……。
 ごくたま~に百科事典も売れないわけでもないですから、場所に
余裕があれば、1セットぐらいは用意しておいてもいいかもしれませんが、
専門店となると。。。

 ちなみに、私は過去2度ほど百科事典に値を付けて買取っています。

 1度目。これは忘れもしません。初めての出張買取の時です。無事、
売ってもらえるだろうかとドキドキしながらの訪問でした。その時
出てきた本の中に、百科事典がありました。
 いくら開業間もない頃とはいえ、もちろん百科事典の相場というものは
知っています。それでも、私は値段をつけました。初めての買取が失敗に
終われば、この商売そのものがうまくいかなくなる気がしたのです。
いわば縁起を担ぐため、絶対に買取を成功させるという強い意志で値段を
付けたわけです。
 この時仕入れた百科事典は、結局売れることなく廃棄処分をしました。
買取金額は無駄になってしまったのですが、それでも縁起を担いだのが
良かったのか、その後も買取がなくて困るってことだけはありません。
自分の心意気を示すって意味では、あの買取は間違っていなかったと
思っています。

 2度目。これも開業間もない頃の話です。
 少し遠方の地域に、買取に伺いました。出てきたのが、百科事典。
今回はコレだけです。電話がかかってきたとき、百科事典だけという
お話でしたから、そのことは分かっていました。普通なら、百科事典だけの
出張買取はお断りするのですが、今回うかがったのには理由がありました。
海外の百科事典で、物珍しさもあって売れるんじゃないかと考えたからです。

 ENCYCLOPEDIA AMERICANA 全30巻

 立派な装丁で、本棚に飾っているだけでも知的な空間を演出できます。
実際に頁をめくって何か調べるってだけでなく、部屋に飾ってインテリアに
するって用途も考えられるんじゃないかって思い、特価価格で売り出した
のですが、残念ながら売れませんでした。大手サイトで売り出したんですが、
アクセス数はそこそこありましたから、まったく魅力のない商品だったって
わけでもなさそうです。ただ、すごいボリュームですから、部屋での置き場所
を考えて、購入は控えたって人が多かったんでしょうね。

 この本も、結局、廃棄処分。買取金額のほか、遠方でしたのでガソリン代
まで無駄になったわけですが、ただ古書店主としては良い勉強になったと
思っています。

 まぁ私のこんな体験談を語ったところで、実際に体験してみないと分から
ない部分もあるはず。古本屋を開業したら、勉強のため一度は百科事典を
扱ってみるのもいいかもしれませんよ。
 とはいえ、私の店ではゴメンナサイ。もう百科事典は買取れませんので、
あしからずご了承くださいませm(__)m
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。