スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たにまち2日目

 今朝、追加の本を持ち込み。すると早速に、持ち込んだ本が売れました (^^)v 持ち込んですぐ売れるってのは、実に効率的。毎回、毎回こう上手いこといくと助かるのですが、現実はそう甘くはありませんwww

 それでも今日は、昨日よりお客さんで賑わっていたみたいですね。雨がやんだってことと、土曜日ってのが大きいかも。昨日は来られなかったお客様も、今日は出掛けようって気分になったようで朝から大勢の方が来られました。

 午後からは河南町の事務所に戻り、市会の準備。次の月曜日には二世会の目録を提出しなくちゃいけないので、そのための本を探し出してました。即売会に出す分などがあるので、なかなか市に出せる本は少ないな~ (^_^;) ま、それでも何とか数点の出品を準備。売れるかな~?

 明日は、「たにまち」最終日! 私はレジ当番で朝から出勤です。明日も元気に頑張ります!

たにまち初日

 本日から、「たにまち月1古書販売会」開催! ……ですが、台風直撃でちょっとキビシー出足になりました (>_<) 各店、なかなか売上に苦戦しているみたいでしたね。これだけ雨が強いと、客足が鈍るってもの。ホンマ、腹立たしい台風です、って自然に怒ってもしょうがないですが。。。

 朝、OPENの30分ほど前に会場入りした私。いつもなら、この時間から既に常連のお客さんは並んでいるものですが、今日は誰1人として姿を見ず。おやおやこりゃダメだって思っていたのですが、それでもOPEN時にはそれなりのお客さんで賑わいましたから、こんな日にもかかわらずご来場いただけるなんて、実にありがたいことです。

 さてロビンのお店。売上はちょっと目標値を下回りましたが、それでも高額のセット本が売れるなどして、何とかそれなりの額に。明日も今日くらいは売れて欲しいものですが、さてさてどうなることか? 明日も少量ではありますが、商品の補充、入れ替えを敢行! また新たな発見のある棚にしたいと思います。

 明日は、今日ほど雨は降らないはず。今日以上にお客さんが来られるはずですので、元気に頑張りたいと思います。

本日、搬入日

 本日、明日から開かれる「たにまち月1即売会」の搬入日。雨が降る前に何とか運び込むことができて、ヨカッタ、ヨカッタ。でも、初日の明日は台風の影響が心配。台風が過ぎても、しばらくは暴風、大雨などがあるかもしれませんので、古書会館にお越しの際は、どうぞ十分にご注意くださいませ。

 さて、私の棚。こんな感じ。

150715

 売台2台。雑多な感じで色んなジャンルの本を並べています。もう少し整理したいって気もしましたが、まぁ宝探し気分で本を探すにはこんな感じの方がいいでしょうって少し言い訳。。。 (^_^;) 天気に影響されず、ある程度は売れてくれて欲しいものですが、さてさてどうなるでしょう?

 午後からは、北東北書会に参加。少量ですが、仕入れもできました。一部は、早速「たにまち」でお披露目予定。どうぞ、売れますように! 

 明日は、いよいよ即売会。天気は残念かもしれませんが、テンションMAXで元気に頑張ります!

京都遠征に

 昨日、京都の市会に参加しました。いい天気でした。ってか、暑すぎ! 梅雨明け宣言は出ていないみたいですが、空模様を見る限り、完全に夏になっていました。京都の夏は暑いです。。。

 で、昨日の戦績。ボチボチってところ。ああ、でも悔しかったことがありました。けっこう、欲しい本。こんなものかな? ってラインを予想して入札したのですが、わずかの差で負けてしまった (>_<) こういう僅差の競り負けってのは、実に悔しい! もう少し乗せておけばよかったと思いますが、まぁそういうのは結果論ですから、アレコレ考えても仕方ありません。勝つ時もあれば負ける時もあるのが市会ってもので、残念ではありますが、あまり気にしないようにしようと思います。

 残念な結果のものもありましたが、全体的にはいい仕入れができて京都まで行った甲斐がありました。今後もちょくちょく京都に出かけたいと思います。

多くの本があると

 おはようございます、ロビンです。

 昨日の新興会。まずまずの戦績 (^_^)v 逃した品もありましたが、それなりの数を落札できました。先月までと比べ、今月は本の数が多い気がします。昨日も多くの本が出ていましたし、他府県からも大勢の方が集まっていました。やっぱり多数の人やモノで賑わわないと市会は盛り上がりません。活気がある市ってのは楽しいものです。

 ただ、活気が良すぎるのも考えもの(?)……っていうか、残念なこともありました。

 昨日は、朝、のんびりとしていたので、古書会館に着いたのは昼過ぎ。第1回開札の直前でした。ちょっと慌ただしかったわけ。で、パッパッパと欲しい本を見つけては入札していったんですが、多数の本にまぎれ、けっこう見落としがあったみたいです (>_<)

 開札が終わった品は、落札者ごとに1カ所に集められるんですが、私の隣で集められている本をふと見れば、おやおや? いい本があります。しかも、落札額も手頃。ガーン!! 何で入札しなかったんだろ? 完全に見落としていましたね。

 入札したけど金額で競り負けたとか、欲しいけど予算の都合で見送ったって場合なら仕方ないですが、入札すらせず不戦敗ってのは悔しいですね。同じ三振でも、見逃し三振より空振り三振の方が清々しいってものです。反省、反省。

 で、どうしてこんな見落としが発生したのか、自己分析。思い当たる点がありました。

 もともと大阪の古書会館ってそんなに広くありません。狭い会場に、所狭しと本が並べられ、しかも昨日は大勢の方で賑わっていたのですから……そう、会場の端から順々に品物をチェックしていくってのではなく、誰かが通る度に道を譲りながら、アチコチに並んでいる本を飛び飛びにチェックしていったのです。

 それでも普段なら、会場を2度3度回って見落としに気付いていたことでしょうが、昨日は会場入りが開札時間のギリギリだったため、あまり入念な確認ができなかったってこと。こういうこともあるので、やっぱり市の日は、なるべく早くに会場入りをした方がいいみたいです。

 でも、こういう見落としは私だけではないようです。あるベテランの方は安値で落札できて喜んでいたのですが、

 コレ、誰も入札がなかった!

 って不思議がっていました。確かに、普段ならもう少し札が入っていそうな品。品物が多いと、ベテランの方々にもやはり見落としは発生するものなのかもしれません。

 人間だからミスはつきもの。しかし、そのミスを少しでも減らせるよう気を付けていきたいものです。昨日の悔しい経験は、今後の反省材料にしなくっちゃね!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。